コピペ防止WP-Copyright-Protectionを使うとエラーが出る場合

WP-Copyright-Protectionのプラグインを使うと
簡単に右クリックを防止出来るが、

ワードプレスのテーマによっては、
カスタマイズできなくなるなどのエラーが出る場合がある。
(Simplicityのカスタマイズ画面が表示されないなどの障害が起こる)

スポンサーリンク

WP-CopyProtect

そんな時には
WP-CopyProtect】を使うと解決が出来る。

882

まずはプラグインから新規追加にて検索をする。

1411

プラグイン新規追加WP-CopyProtectをインストール

インストール後はすぐに有効化しよう。

WP-CopyProtectの設定

WP-CopyProtectの場合は、簡単な設定が必要となる。

52787

まずはダッシュボードから
新しく表示されるようになったWP-CopyProtectをクリック。

すると、4つの設定画面が現れる。

875454

【1】まずは右クリックを禁止するかの設定

2番目3番目共に右クリック禁止の設定だが、
3番目は「右クリックされた際に”注意書き”を表示する事が出来る。」

【2】文字を選択出来るかの設定

コピペする際には、文字を選択するが
その選択さえも禁止する場合はチェックしよう。

【3】保護情報の表示

チェックを入れると「HPのフッターに保護情報」が表示される。
ここはチェックをしなくても良いだろう。

【4】誰に対して右クリックを禁止するのか?

上から順に、
・管理者だけはコピペ出来る。
・ログインしている人のみコピペ出来る。
・全ての人がコピペ出来ない。

一番下の”全ての人がコピペ出来ない”を選択すると
訪問者と同じ状況になるため、何か不具合があった時には
自分で欠点を見つけることにつながるのでオススメだ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする