文字数は何文字ならばアクセスアップに最適?文字数を調べるサイト

アフィリエイト初期には、ホームページが少なく
簡単なサイトを作るだけでアクセス数を高める事が出来た。
例えば、文字が少なくページ数を量産するだけでも
問題なくアフィリエイトが可能だった。

また、検索されたいキーワードを盛り込む事で
単純作業で検索エンジンのご機嫌をとる事ができた。

ページ数とキーワードの時代は終わった

現在は誰でもサイトが作れる時代になり、
ブログというジャンルが確立し、
普通のサラリーマンでも副業として参戦する時代になった。
これにより、ホームページの質が注目されるようになった。

スポンサーリンク

最低500文字?

アフィリエイト戦線の上位を維持する為には
適当なページ作りでは戦えない時代に突入した。

当たり前ではあるが、
どんなに優良な情報でも100文字以内で表現する事はとても難しい。
最低限でも500文字以上なければ良質情報は伝えられない。
(フリー画像サイトやマンガサイトはこれに当てはまらない)
という、ある程度の目安を言われるようになった。

そして、「いや600文字が良い」「いいや1000文字だ」
様々な文字数が飛び交ったが、実はいくら文字が多くても意味は無い。
(現に文字が少なくてもアクセスが多いサイトが存在する)

検索後に、更に別サイトを探しているならば
解決していない事になりそのページの貢献度は下がる。
ページを読んで納得させられるか?が重要になってくる。

!内容を無視した単なる文字数稼ぎは意味が無い!

広告効果のあるページ作り

広告主から見れば、
お金を払っただけの効果を感じたいので
より良質なページに広告を掲載してもらいたいものだ。

文字が多ければそれだけ滞在時間が長くなり
面白い記事だから滞在時間が長いんだと、グーグルが判断することができる。

現在は直帰率などを元に
「訪問者がどのくらいあなたのサイトに興味を持っているか?」
をグーグルは完全に把握している。
我々の税金を国が把握しているように
グーグルは全てお見通しなのだ。

いくら題名で釣ろうとリンクを貼ろうと
ほとんど見てくれず帰ってしまうようなブログでは
最終的に”低評価”と判断されてしまい訪問客増加は期待出来ない。

最低でも、内容をじっくりと練り
500文字以上の文字数は必要と考えて良いだろう。

文字数簡単チェックツール

文字数の計測が出来る
簡単なチェックツールがある。

登録など必要なく、コピペで文字数を一瞬で計算してくれる。
是非活用して欲しい。

文字数を調べる

スポンサーリンク

シェアする

フォローする