functions.phpを編集したら500内部エラーが出る場合の対処法

ワードプレスを編集する事は
勉強にもなり楽しい事だが、
functions.phpの編集は少々怖い。

どこかのページで書かれていたタグをコピペしたら
・画面が真っ白で表示されない!
・エラーが出てホームページが表示されない!
・編集ページにさえも入れない!
という事が起こる場合がある。

日頃から積み重ねたページが
一瞬で失ったのかと顔面蒼白になるかも知れないが
落ち着いて対処すれば復活する。

スポンサーリンク

別の角度からの編集

!functions.phpを編集したら500内部エラーが出る場合の対処法!

このような場合は、
いつものダッシュボードからの修正は不可能になるので
レンタルしているサーバーの
管理画面から修正をかける必要がある。

管理画面からのアプローチ法は
サーバーにより様々だが、

主な順番は以下を参考にして欲しい。
落ち着いて進めばサイトは表示されるはずだ。

1.レンタルサーバーにログイン
2.FTP編集(の出来る場所)を選択
3.エラーが出たドメインフォルダをクリック
4.wp-contentフォルダをクリック
5.themsフォルダをクリック
6.カスタマイズでエラーが出たテーマをクリック
7.functions.phpをクリックし現れた画面で編集する。
(コピペして失敗した場合は、貼った分を削除しよう!)
8.修正後は保存で完了!

これを機に、もしもの場合に備え
レンタルサーバーのバックアッププラン
の利用を考えたほうが良いかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『functions.phpを編集したら500内部エラーが出る場合の対処法』へのコメント

  1. 名前:Kamoko 投稿日:2017/08/14(月) 15:09:35 ID:e750369e0 返信

    phpを変更してしまい、エラーが出て困りましたが、おかげで解決しました!ありがとうございました!

  2. 名前:むにー 投稿日:2017/10/09(月) 04:06:57 ID:146ec6da1 返信

    このエラーが出ていて大変困っていましたが、こちらのおかげで解決しました
    ありがとうございます( ´ ▽ ` ) 助かりました