Tポイントカードは”およそ130以上の企業に個人情報が渡されても良い”規約になっている。

Tポイントカードを使用している方の中で
きちんと設定をしている方がどれだけいるだろうか?

実は、何も設定していない場合は、
およそ130以上の企業に個人情報が渡されても良い”規約になっている。
(設定変更は可能)

簡単に使えて便利なカードだが
実は思わぬ落とし穴が潜んでいる。

スポンサーリンク

Tカードを怪しむ声

Tポイントカードを持つだけで、
個人情報が
130社(2017年6月23日時点)に
自動的に流されます。

Tポイントの為に嫌々ヤフーアカウント登録したけど、
数年前のアドビアカウント流出からの
予告なしヤフーアカウントリセットの屈辱は忘れていない。

Tポイント荒稼ぎとかいって
個人情報抜かれてる上にちっとも得になっていないのが分からんのか。

Tカードと紐づいたすべてのサービスを解約しない限りTカードの破棄はできない。
一括管理できて便利だと思うならそのまま契約すればいいけど、
個人情報が握られるのはキモチワルイ、という人は、Tカードだけは絶対に持ってはいけない。

はじめは秘密厳守だったのに
いきなり個人情報使いますのルール変更は酷すぎる!

一時期話題になったけど
Tポイントカードの個人情報の取り扱い規約はかなりヤバい
意訳すれば「俺が有用だと思ったらお前の個人情報を他社に流して儲けるからシクヨロ」レベル

個人情報を第三者にも平気で譲渡する糞会社。
ヤフーもCCCもクズ。

Tポイントカードの番号は、
細かく個人情報が流出してしまうので、
伏せたほうがいいです(>_<)

Tポイントカード使ってると
「CCCのグループ会社および提携先」に
個人情報が流れていくので、
それが嫌な人は停止しておきましょうね。

Tポイントカードの怖さと実態と解除方法など



スポンサーリンク

シェアする

フォローする