パソコンの立ち上がりが遅く重い スタートアップで調節【Windows10】

立ち上がりが遅い!
パソコンが重い場合の対処法

PCを買ったばかりでも、
PCを立ち上げると同時に、
不要なソフトが内部で動いている場合がある。

これはPCを重くする原因でもあり
簡単な設定で、停止する事ができる。

PCの無駄な動きを止めて
メモリに負担をかけないように調節してみよう。

スポンサーリンク

スタートアップを止める手順

1.まずはタスクマネージャーというものを開く必要がある。
画面の一番下のバー(タスクバー)の
アイコンの無い場所で、右クリックしてみよう。

すると、タスクマネージャーの文字現れるので
クリックして表示させる。

2.タスクマネージャーが表示されたら
スタートアップのタブをクリックする。

スタートアップタブ内にあるプログラムは
パソコンを立ち上げたと同時に起動するプログラム
これが多ければ多いほどパソコンは重くなる。

従って、不要なソフトを停止すれば
それだけPCの動きが軽くなる事になる。

3.PCの内部状況は個人差があるので、
各自不要なソフトは停止させよう。

今回の場合は、サーバー上にデータを保存する
Microsoft OneDrive Setupが不要だったので
有効から→無効へと切り替えた。

停止する方法は、
有効という文字の上で右クリック
無効化を選択すればOKだ。

まだまだ軽くなる
Windowsの自動更新はメモリを食う
CortanaやPeopleとかいう邪魔なアプリを消したい



スポンサーリンク

シェアする

フォローする