スマホがフリーズするなどの重い場合の改善方法【初心者も簡単】

初心者専用
!スマホを軽くするための4ステップ!

スマホを長い間使用していると、
ネットサーフィン中に読み込み段階で進まなかったり
ホームページ閲覧中に画面がフリーズしてしまう場合がある。

このような場合は
以下に説明するいくつかの方法を試してほしい。

いきなりアプリを使うと、
更に重くなる場合がある

最近は、「メモリーを掃除する
キャッシュをクリアする」などのアプリが多いが、
何も対策をしていないスマホに使うと
容量が不足し更に重くなってしまう場合がある。

まずはアプリを使わず
自分自身で出来る対策から
順に進めて欲しい。

スポンサーリンク

スマホを軽くする方法

対策その1
所持ファイルの点検。

画像や動画を本体側に大量に保存していると、
動きが悪くなってしまう。

盲点になるのが”録画をしたワンセグ”だ。
多くのファイルを所有している場合は
SDカードやPCに移動する事をオススメする。

対策その2
不要アプリの点検

古い型のAndroidは、アプリ自体を
SDカードに移動できたが、新しいタイプからは
簡単に移動ができなくなった。
(スマホのメモリーが強化されたため)

スマホの内部には、
自分がダウンロードしたアプリ以外に
多くのアプリが待機している。

購入時から何も操作していない方は
不要なアプリを削除したり、通知を止めたり
削除不可能な使わないアプリを無効にする
という細かい設定が有効になる。

設定方法は、携帯機種により違いがあるが

設定→アプリ
と進み、各操作を行う。

予想以上に不要なアプリがあるはずだ。
おサイフケータイやクラウド系を
使わない方は無効にすればセキュリティにもなる。

対策その3
通常時の対策

スマホは、
・メールを一度使って→閉じる
・ラインを使って→閉じる
という操作をしても、
実は内部ではまだ動いている。

これも、操作方法は機種によるが、
右下を押すと(真ん中長押しの機種もある)
現在、内部で動いているアプリが現れる。

これらを消すことで
改めて完全に消す事となる。

!多くの年配者は消していない!

対策その4
キャッシュの削除。

毎日暮らせば、埃などで部屋が汚れるように
スマホも同様に、様々な画面を閉じても
データの破片は内部に残っている。

これを消すのがストレージでの設定で
これも機種により表示方法が異なる。

今回使用したスマホでは、
設定→ストレージに進むと
スマホの容量の状態を一目で見る事ができる。

丸で囲んだ空き容量が多いほど
スマホはスムーズに動く。

ここで重要なのはキャッシュ
そのままスクロールして
キャッシュデータの欄を探そう。

キャッシュデータをタップし
クリアすると、多くの容量が開放される。

この操作を何回かやると癖になり、面倒ではなくなるので
1日1回のキャッシュクリアだけは忘れないようにしたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『スマホがフリーズするなどの重い場合の改善方法【初心者も簡単】』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/12/17(日) 19:30:13 ID:4dc259a6e 返信

    ありがとうございます