LINE誤爆に朗報 ひっそりと送信取消し機能が実装されていた。

ラインを利用している者なら
必ず一度は体験する誤爆(間違え送信)。
使いやすいラインアプリではあるが、
同時に”誤送信”の危険性が高いのが特徴だ。

築いた信頼関係が消える

スタンプを間違えるならまだしも、
違う相手に送るはずの文章を送ってしまい
仲がこじれてしまう危険性もある。

誤爆から恥をかいた経験がある人は、
利用者の50%と言われている。

不倫や、普段から悪口を書くタイプの方は
取り消し機能を普段から使えるようにしておきたい。

スポンサーリンク

取り消し機能が実装

ラインは、2017年12月13日に
ひっそりと取消し機能が追加された。
普段からお知らせを見ない方は気づかない事も多い。

LINE誤爆はあわてず対処!
「送信取消機能」が公開されました。

ただ、ここで注意しなければならないのは
削除できるのは、送信後24時間以内である事だ。
24時間を過ぎれば相手に見られてしまう。

LINE最新版を入手

実は、取消し機能は
古いバージョンでは機能しない。

使い方は、消したい文章を長押しする事で
取消しの選択肢を出現させるが、
旧バージョンを利用している方は
以下のように、メッセージを削除のみしか表示されない。

このような場合は、
自分の画面では消えているが、
相手側は消えていないので要注意だ。

LINE最新版のダウンロード

ラインのお知らせから、
アップロードをしようとリンクを辿っても
アップロードとはかかれている場所は無いので困る方も多いだろう。

ページが見にくく難しい場合は、
単純に、GooglePlayなどで
LINEを検索し”更新”を選択すれば簡単だ。

↑更新をタップ

インストール後、エラーが出る場合には
再起動”させる事でラインが最新バージョンに更新される。

アイコンが増えていれば、
最新バージョンに更新されている。

更新確認作業

最後は、確認として
友人又は家族と実験すると良いだろう。


上の写真のように、
送信取消の項目があれば
無事更新できた事を意味する。

できるだけ相手側も更新させる


取消しを押すと、
「相手側が消えていない可能性」を伝えられてるが、

相手が旧バージョンであっても
自身の実験では取消す事ができた。

万全を期すならば、相手側にも
バージョンアップを勧める事だ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする