Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

404が出現したらトップページに自動転送する方法【WordPress】

404が出現したらトップページに
自動転送する非常に簡単な方法

ページを削除した後、URLが存在しない場合に
404というエラーページが出現する。

一度これが表示されてしまうと、
404の存在を知らない訪問客は立ち去り、
知っている方は不安定なHPだと、
こちらの場合も立ち去ってしまう可能性が高い。

当然ながら404エラーが出た際に
エラー表示されるのではなく、
他のページに飛んでもらった方が、
訪問客を逃がしにくくなる。

エラーが出た際の対処法は無数に存在するが
タグを弄るなどの危険性を回避したい初心者には
良い方法が存在する。

404Redirectionを使おう!

一度構築したワードプレスのテーマを編集し
今まで積み上げた物が台無しになるケースがある。
(ページが真っ白、表示がおかしいなど)
このような事がないために、初心者の場合には
便利なプラグインを使うと良いだろう。

使い方は非常に簡単

以下のプラグインがあれば、404が出現しても
トップページにリダイレクト(転送)してくれるので非常に便利だ。

他のプラグインでは、各ページごとに
細かい転送設定が必要になるが、
今回の404 Redirectionの場合は、
全てのエラーページをトップページに
転送してくれるので非常に簡単だ。

これは特に、ショップなどの
お客さんを逃がさないようにするために有効な手段で
サイト内を徘徊させる事は購入に繋がる。
不安定なサイトと印象付けないためにも
404対策をする事は必須項目だ。

スポンサーリンク

404Redirection
の簡単ダウンロード

編集画面から、
プラグイン→新規追加へ進み
404Redirectionと打ち込み検索しよう。

Redirectionという単語はたくさんヒットするが
その中の地味なアイコンを探してほしい。

青くモザイクのようなアイコンがあれば
それが404 Redirectionだ。

クリックしてインストールしよう!

設定不要 簡単設定

この404 Redirectionが便利な理由は
設定が不要な事だ。

他のRedirection系プラグインは
転送ページごとに設定が可能だが
今回のプラグインは、

”404は全てトップページへ転送”

という固定ルールのため、
有効化を押すだけで完了する。

記事を消す有効性

サイトを長く経営し、記事がたまれば
修正する記事や、削除しなければならない記事が出てくる。
(記事が多いだけでは優良サイトとは限らない)
時には古すぎる記事や間違えた記事を削除する事も必要だ。

このような時に、
削除したページに訪問した客を
逃がさないRedirection系プラグイン
SEOにとって必要不可欠な存在だ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする