Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【保留中】グーグルアドセンスが振り込まれない理由

GoogleAdSenseから入金が無い場合の対処法

毎月22~23日がGoogle AdSenseの
振込み日になるが、稀に遅れる事がある。

22日を過ぎても25日を過ぎても振込みが無いぞ!
いよいよヤバイ。オレは何かやらかしたかな?
あれ、アドセンスまだ振り込まれないぞ??
金額はアカウントページに載っているんだが
いつものように振込みがされないんだよね。
おかしくね?
引き落としをアドセンスを充てにするとしてると怖いな。
連休前には特に注意や。

Google AdSenseで生活している人にとっては
振込みが無い事態はとても深刻だ。

例えば給料日が25日である場合、
24日(土)25日(日)であれば、
それより前の23日(金)に振り込まれるのが日本での常識だ。

しかしながら、外国や広告収入については
営業日扱いになり早めの入金は期待出来ない。

特に2018年11月には連休があり、
11/26以降に遅れた人が多かった。

このような事があると、いかに日頃から
我々はGoogleに依存しているかがわかるだろう。

入金までの流れ

AdSenseからの振込みの流れは、
必ず報告メールがあってから→振込みされるのが基本だ。

ただ、これが月末になっても届かないようであれば
すぐさま、アドセンスアカウントを確かめる必要がある。

保留中されている理由

Google AdSenseは常に我々のブログの内容を監視している。
何か異変があればすぐに送金が保留される事になる。

保留される理由は主に以下の2点になる。

原因その1

受取り情報が不十分の場合

受取口座はもちろんの事、
受取りに必要な事項が漏れていないか?
チェックが必要になる。

原因その2

違反サイト又は違反ページがある場合

普段はスムーズに入金されていて、
今回だけ保留されているのであれば、
サイトへの警告を疑う必要が出てくる。

違反サイトや違反ページがあれば
振込み予定は一時保留になることがある。

ちなみ違反ページの修正猶予期間は10日間。
これを過ぎればペナルティーが課される可能性がある。
ポリシーセンターの項目をチェックし、
報告がないかチェックをすると良いだろう。

アカウントポリシーに移動
(見落とし易いので要注意)

違反措置が適用されたサイト

違反措置が適用された場合には、早急に対処が必要になってくる。

違反ページの対応には2種類から選択する事になる。

1.ページを修正する

2.広告タグを消す

1.違反サイトでないにもかかわらず
悪い判定をされてしまう場合には、
記事の修正や誤解の無い言い回しに変更する必要がある。

2.については非常に簡単で、広告を消したり
ページ自体を削除してしまうのが簡単だ。
その後、7~10日以内にポリシー センターに表示されなくなる。
※2の場合に限り審査をリクエストする必要が無い

グーグル側の対応には7~10以内と説明があるが、
実際は4~5日で消えるのが大半である。

常に監視が必要

Google AdSenseのアカウントには最低でも
10日に1回はログインする事が必要で、
違反判定されていないか?日頃のチェックが必要だ。

違反に関しては通知してくれない

入金メールは来るが、注意事項は届かないため
我々は常にアカウントの状況をチェックする必要がある。

警告日から一定期間が経過すれば、
重大なペナルティーが課せられる可能性があるため用心して欲しい。

広告無しページも必要

広告はどのページにも載せたくなるものだが
少しでもふさわしくないと思えば、
そのページには広告を載せない勇気も必要だ。
ちなみに、このページにはGoogle AdSenseを載せていない。

シェアする

フォローする