Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

グーグルアドセンスの審査に落ちる理由Google AdSense

ホームページやブログに広告を載せる場合、
出来ればGoogle AdSenseを貼りたい方が多い。

Google AdSenseは広告の種類が多く、
おまけにクリック単価も高く非常に扱いやすいが、
審査を通過するのに苦労している人が多いのが現状だ。

ここでは自身の通過例を挙げ、
審査に通過するために必要な事を述べようと思う。

審査前に準備する事

「何回も審査に通らない」という方は何かしらの原因があり、
Googleから嫌がらせを受けている訳でもなんでもない。
Googleは常に平等に審査しているため、何かしらの準備不足が原因になる。

私は過去に審査を7回通過した事があり
反対に、審査に不合格したのは1回である。

落選したくないために準備を怠らなかったこともあるが
特別に文才があったり記事が多いわけでもない。

誤字も多く文章が下手でも問題は無い。
誰でもポリシーを守り真っ当なサイトを作れば
審査通過は難しい事ではないのである。

また、時代によっては審査の基準が違う事も
確かであり、ここでは最近の審査基準について述べている。

スポンサーリンク

1.ドメインを作ろう

まずは一番重要なのは、
無料ホームページよりも(月500円程度の)
用量で構わないので”ドメイン”が使える環境を用意する事だ。

ドメインを取る事で、
Googleにも閲覧者にも安心感を与える事が出来る。
ここでドメインとサーバー維持費の費用が心配な方がいると思うが、
Google AdSenseで収入を得る事を考えれば
マイナスではなく、むしろ先行投資となるので恐れる事は無い。
(サーバーを借りるとドメインがプレゼントされる会社もある)

ドメインはあなたのサイトの信頼を高める

2.記事数の量は?

記事数の量は、どのくらい必要だろうか?
他サイトでは35記事以上、いや50記事以上と書かれている事も多いが、
実際は5記事でも10記事でも審査を通過する事が可能だ。

しかしながら、私の場合は確実に
合格率を高めるためにも、25記事を目安に審査に出すようにしている。

!記事の少なさで落ちることはない!
(多いに越したことはない)

3.文字の量は?

文字の量は?一体何文字必要だろうか?
過去は1000~3000文字と、多ければ多いほど良いと言われた時代があるが、
実は近年のグーグルは文字数に拘りが無い。

昔でこそ”文字が多い=良い記事”という時代があったが
現代は”閲覧者が有益と感じる事”が優先で、
無駄な文章で伸ばしても意味は無いのである。
(わざと文章を伸ばしてもバレます)

私の場合は、500~1000文字程度で
どのサイトでも、無理をしてまで文字数を増やす事はしていない。

書きたい事が500文字で収まればそのままであり、
1000文字以上でなければ説明できない場合には書くという
あくまで記事の内容が優先であり、文字数に重きを置く事はない。

文字数の少なさで落選は無い!

4.他の広告を貼り付けて良いのか?

気になるのは、審査前に楽天アマゾン
他社の広告を先に貼り付けることで
審査に影響しないのか?”という点である。

自身で実際に試したことがあるが、
これに関しては全く影響はなく合格した。

しかしながら、記事に対して広告が多すぎると
思われる可能性も考え、あえて外して挑むのも悪くないだろう。

広告を外す方が有利だが、審査に大きく影響するとは思えない

5.唯一落選したサイト

唯一アドセンスを落選したサイトは
他の合格したサイトと作りは同じであり、
違うのは内容だけである。
(落選を覚悟で申請した)

このサイトの内容は、
日記自身で撮影した動画が中心に掲載されており
他人から見れば”有益に思えない”内容だったからと推測できる。

また、動画を頻繁に入れていると、
動画に頼ったページとも誤解されかねない。

以上の事から、自分の意見を書きたい日記
審査を通りたいならば、まずは蘊蓄(うんちく)系の記事を用意し、
通過後に好きな事を書くという順序が良いと思われる。

日記系は審査に落ちやすい印象

Google AdSenseの管理が一番重要

実は審査よりも大変なのが
Google AdSenseの管理(維持)である。

審査通過したら終わりではなく、通過した日から
監視が始まる事になり、気が抜けない生活が始まるのだ。

そして記事数が3000を超え、収益が増加すると
(閲覧者が増え影響力が出るため)
大したことの無いフレーズでもGoogle側からの警告が増えてくる。

これはGoogle AdSenseアカウント上にて
報告されるが、放置するとアカウント消滅の危険性があり
早急に記事を修正し再審査を申し込む事が必要になる。

Google AdSenseのアカウントは週に2回はチェックする事



スポンサーリンク

シェアする

フォローする