2台のPCを繋いでデータを移動する方法

2台のPCを繋いでデータを移動する方法

パソコンは壊れていないが、
旧PCから→新PCへデータを移したい場合がある。

このような場合、USBフラッシュメモリーや
外付けハードディスクを利用する場合が多いが、
実は、専用コード一本で解決する事が出来る。

壊れる前にデータ移行が望ましい

事の発端は、自身の旧PCに不具合が出た事から始まった。

旧PCが不安定になり、
(正常に立ち上がる頻度が低下したため)
早い段階でのデータ移行を余儀なくされたのだ。

PC-9801時代の方には衝撃

昭和からPCに携わっている方は
データ移行というと”面倒”な意識があるが
世の中便利なものが次々と出てくる時代だ。

現代では簡単なアイテムが存在している

今回紹介するアイテムは
簡単データ移行!というコードで
2台のPCにUSBコードを差すだけで
2台のPCを同時操作し、データの移動ができるという代物である。

どちらか一方のキーボードだけを利用し、データを移動できる。

極端な話、データ移行だけではなく、
両PCを操作する場合にも有効なアイテムであり、

例えば、左のPCで動画や音楽を流し、
右のPCでは仕事というような使い方も可能になる。
(メモリーを消費しないように使い分け)

以下のような使い方ができる
1台のマウスキーボードで2台のPC操作が可能
PC間でテキストのコピー&ペーストが可能
PC間でファイルやフォルダのコピーが可能
スポンサーリンク

USB差し込み口があればOK

使用するには、両PCにUSBの差込口(メス)があれば利用できる。

USBを差した後に、何も反応が無い場合は、
PC内のEASYKMLinkファイルをクリックし、
選択肢が表示されたらOKを選択しよう。

片方のPCで許可を下せば、
マウスは両方のPCを行き来できるようになる

例えば右側のPCから操作する場合、
上図のように左にマウスを動かせば、
マウスポインタは画面を飛び越し、左のPCに移動する。

ここまで出来れば、後のデータ移行は簡単だ。
テキストのコピペはもちろん、ファイルを
ドラッグ&ドロップするだけで移動が可能である。

文章ファイルや画像等、移動という名ではあるが
元ファイルは消滅しないので安心してほしい。

画像を掴み移動させるだけでデータ移行が可能だ。

簡単便利データ移行

昭和時代には考えられなかった
コード一本を利用してのデータ移行。
現在は様々な便利なツールが出揃っている。
少々のファイル程度ならば、簡単データ移行!
を利用するのも一つの方法である。

価格も2000~3000円程度であり、
外付けHDD(ハードディスク)を購入する負担がない。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする