Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【エラー】このウェブページの表示中に問題が発生しました 初心者用対処法

サイト移動読み込み中
このウェブページの表示中に問題が発生しましたと表示され、
見たいサイトが表示されない現象がある。

はじめはスルーしていても、
あまりのしつこさにストレスに感じる事がある。

この原因は、主にPCの処理が追い付かない際に表示される現象である。

PC購入時よりも、長く使う間に、
段々と”エラー”が多くなるのが基本だ。

このウェブページの表示中に問題が発生しました
と表示されまくり

俺は、
このページを開けませんだってさ
なんよ糞ブラウザ

ウイルスでもないのに
一体何なんだ?

スポンサーリンク

初心者用改善方法

改善方法には、メモリの増設仮想メモリの変更等があるが、
初心者にとって”設定”を変更する事はリスクがある。

ここでは深入りして失敗するリスクを抑えるため
初心者専用の解決法をいくつか記載してあるので参考にしてほしい。

1.スタートアップの改善

PCは立ち上げたと同時に、あらかじめ
指定されたプログラムが立ち上がるように設定されている。

中には不要なソフトが常駐している事があるので
スタートアップの一覧を見て、
不要なプログラムはストップさせ、PCの負担を開放したい。

スタートアップの設定方法

1.右下のウインドウズマークから
歯車のマークをクリックする。

2.Windowsの設定一覧が表示されたら、
アプリをクリックし、更にその中にあるスタートアップの項目に進む。

3.スタートアップ一覧の中から
使用しないアプリ(ソフト)をオフにし
余計なメモリー使用を抑える。

2.マルウェアやキャッシュの駆除

マルウェアキャッシュ(PCのゴミ)が増え重くなる場合がある。

これらを掃除する手段として、
フリーソフトのCCleaner(シークリーナー)という掃除ソフトが有効になる。

・インターネットの一時ファイル
・インターネット閲覧履歴
・ダウンロード履歴
・クッキー
・入力したIDとパスワード
などの削除が可能であり

様々な項目を選択する事が出来るので
IDとパスワードだけは削除しない
というカスタマイズも可能である。

長い間メンテナンスをしていなければ
多くの無駄なファイルが残っているはずだ。

3.サイト側の設定

また、エラーが出るサイトが動画サイトであるならば
PCスペックに合わせて画質を落とす事が有効である。

YouTubeであれば、右下の歯車から
画質を720pから480p以下に落とすなどで解消する場合もある。

いずれにせよ、動画が止まる以上、PCスペックが弱いため
設定だけでは完全に解消する事はない。

4.拡張機能の削除

案外効果が高いと感じたのが、
拡張機能内のアプリ削除である。

PCに何も負担をかけていないのに
エラーが増えた場合にはchromeアプリとPC内の
(セキュリティ)ソフトが競合している場合がある。

chromeを拡張した記憶がなくとも
いつの間にか更新され、いくつかアプリが組み込まれている事がある。

拡張機能の設定に進むには、chrome右上の設定から、
【その他のツール】→【拡張機能】で開くことができる。

今回は、全く入れた記憶の無い4種のアプリが存在した。
・Googleオフラインドキュメント
・スプレッドシート
・スライド
・ドキュメント

これらをすべて削除したところ、
以前よりスムーズに改善した。

5.chromeの更新

ブラウザ(chrome)を自動更新していない場合は
更新する事で改善する事がある。

暫く更新を怠っている場合は、
簡単な作業なので実践してみても良いだろう。

chrome更新手順

chromeを開き、右上から→
ヘルプGooglechromeについてをクリックする。

Googlechromeについてを開くと
自動的に更新が開始される。

暫くすると更新が完了し、
再起動をクリックすると一度ブラウザは閉じ、
再度chromeが開き更新が完了する。

意外と更新をしていない方も多い為、
是非ともチェックをしてほしい。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする