【恵比寿】焼肉チャンピオン ペントハウス店が完全個室で帰りたくない

焼肉チャンピオンは勢力を伸ばし
最近では高級店と言えば
→「チャンピオンが間違いない」と言われるようになった。
近頃、店舗を続々と増やしている。

今回の恵比寿ペントハウス店は評価が高く
恵比寿本店のすぐ近くにある、完全個室店である。


恵比寿駅西口前にあるため、
交通の便が非常に良い。

ペントハウスという店名ではあるが、
ペントハウスビルではなく、入船ビルに店を構えている。

ペントハウスとは?
最上階につくられる高級な住戸(じゅうこ)の事。

ビルに近づくと、なかなか年季のある雑居ビルで歴史を感じる。

しかしながら9階に到着すると
改造されたピカピカの入口が待ち受けている。

店内は土足厳禁で、入口にて履物を脱ぐことになるが、
店員「靴はそのままで結構です」
と言われ、座席に案内される。
※帰る際はさりげなく靴を出口に置いてくれる。
なかなかのサービスっぷりに驚く。

全室個室

ペントハウス店のコンセプトは
全席個室のこだわりがある。

面白いのが個室の入口で、
ドアの高さが1メートル程度しかないため、
出入りする際には中腰になる必要があるのだ。

まるで、忍者屋敷のようでありながら、
店内は暗めで、デートにもおしゃれだろう。

ランチだが、せっかくなので
コースを頼んでみる。

夜には満員になるペントハウス店だが、
反対にランチタイムは穴場という特徴がある。

今回、居心地重視の私は、
空いているランチタイムに伺って
ゆっくりディナー感覚でコースを注文するという作戦を実行した。

!ランチタイムが穴場!

ペントハウス店のコースは
・5000円・6000円・8500円・12000円と幅広く
今回は6000円のコースを選択した。

スポンサーリンク

特選和牛おまかせコース

EXILE風の店員さん達は、
スマートに確実に身軽に注文を受けてくれる。
非常に爽やかで無駄がない。

適当でもなく、丁寧すぎるわけでもなく理想的だ。

キムチ盛り合わせ
季節のナムル2種

中でも、レンコンのナムルは、
サクサク感の残る食感がたまらなく美味しかった。

味変えを楽しむ牛すじ煮込み

一瞬テールスープに思えるが、牛すじ煮込みである。

テールスープよりも重さ牛の香りを感じるが、
柚子胡椒を混ぜると、味が引き締まり、
混ぜる前との比較がなかなか楽しめる。

スネ肉だけではなく、バラのような
カルビ肉も入っているのがチャンピオンの優しさだ。

サラダ菜ムンチ

ネギをケチらないサラダ菜のサラダ。

叙々苑系と思わせて、
フレンチっぽい要素のあるサッパリ系で
ネギとの相性が抜群!これはうまい!
ボウルでいただきたい!

霜降り肉と対戦する前に
このさっぱり感は準備運動になる。

いきなり!ざぶすき

チャンピオンの凄いところは、
店の”メインメニュー”である、ざぶすき
いきなり出してくる点である。

一番自信のある肉を一番初めに出す!
まるで一番高橋由伸(巨人)くらいの衝撃だ。

ざぶすきとは、ザブトンという部位の肉を
すき焼きのように食べるという意味である。

肉を軽く炙り、卵に絡ませ
一口サイズのライスに包んでいただく。

50枚は余裕で食べれる程の美味さ!
むしろコースは全部ざぶすきでいいくらい美味い!

おまかせ部位5種盛り合わせ

左から順に、

・ザブトン
・トモサンカク
・イチボ
・ハラミ
・タン

6000円の安いコースなので、
タン(タン先)とイチボ(筋多め)は少し弱め。

様々な部分を楽しめるのがコースの強みだ。

赤身3種盛り合わせ

赤身と言えども、和牛はサシがあるので
決してパサパサではない。
柔らかさと赤身の旨味が備わっている。

左から順に、

・ハバキ
・ウワミスジ
・クリ

中でもウワミスジ(牛の肩甲骨にある部位)
は、柔らかさと旨味を兼ね備えていた。

こんなに食べやすい肉なら、いくらでも食べられる・・・

ホルモン4種盛り合わせ

上から時計回りに、

・マルチョウ(小腸)
・シマチョウ(大腸)
・ミノ(1番目の胃)
・ハツ(心臓)

さすがの腸系は脂ギッシュで
少量でも食べ応え十分。

一方のハツとミノは噛み切れるタイプで
サクサクで食べやすい。

きざみねぎでリセット

焼肉といえば刻みネギ(300円)が欠かせない!

チャンピオンの刻みネギはごま油が控えめで
ネギの香りが消されないので素晴らしい。
さらに切ったばかりで辛さが出ていて最高だ!

ネギの香りが強ければ
ホルモンの香りを消してリセットしてくれる。

追加肉!

ここで肉の追加といきたい。
何枚食べても足りない・・・美味い肉は止まらない。。

左:とうがらし1680円
右:しんしん1680円

チャンピオンでおすすめなのが
霜降りが控えめで”固い事が絶対に無い”肉シリーズ。
中でも、とうがらししんしんは安定感がある。

赤身とサシが微妙で、食欲が止まらなくなる。

食事

肉の提供が終わると、ラストの食事になり
冷麺ユッケジャンクッパの選択ができる。


今回は冷麺を選択。

冷麺は”ミニサイズ”になっているため、
食べられない心配は無用だ。
ラストにふさわしいさっぱり感である!

夜には満員になる店舗で、
(ランチタイムに訪れ)個室でコースを頂くのはゆったり感が違う。

すっかり寛いでしまい、
帰るのが面倒になってしまった。

みんなの感想

アーバンな雰囲気で、全て個室なので
プライベートな空間で落ち着いて
こだわりの高級和牛を秘伝のタレで頂ける焼肉レストラン。
名物のざぶすきは高いけど絶品です。
ホルモンや貴重なユッケも美味しいです!
本店は煙がモクモクタイプで、
こちらはガスロースターのタイプで
雰囲気は全然違います。
本店は居酒屋感覚だけど、
こちらはゆっくり個室で落ち着ける。
夜は混んでるけどランチがおすすめ。
デートにお勧めで駅からメチャ近い。

アクセス

焼肉チャンピオン ペントハウス
-Yakiniku Champion PENTHOUSE-
住所:〒150-0021 東京都渋谷区
恵比寿西1-9-3 入船ビル9階
営業時間:11時30分~15時00分
17時30分~23時30分
最寄駅:恵比寿駅(日比谷線、山手線)

※恵比寿駅周辺は飲食の激戦区だけに
夕方以降訪れる場合には予約が必須なのでご注意を!



スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ちょーこ より:

    お肉…美味しそうですけどなかなかのお値段でビックリ!
    でも一度は味わってみたいので、自分の誕生日プレゼント…と言い訳して出かけてみるのもありかもしれないと思ってしまいました。まだ当分先ですが。

    さすがにこのレベルになるとご飯で胃を満たすのはもったいないのでお肉をしっかり堪能しなきゃって気持ちになります。普段安いお肉ばかりだと白米もないとダメ!ってついつい食べちゃう…(;^^)

    個室っていうのもすてき。一人でも気兼ねなく行けそうです。
    一人焼肉ってハードル高いですからね(笑)

    • こんにちは、
      コメントありがとうございます。
      すべての座席が個室なのは魅力的ですよね。
      チャンピオンはかしこまっていないので庶民の私にはありがたいです。
      ”ざぶすき”是非挑戦してみてくださいね^^

  2. 匿名 より:

    だるまさんが焼いちゃったにワロタ
    調べたらもんじゃ焼きですた。