【収入減少増加】自動広告を使う方が良いのか否か?【アクセスが減った】

グーグルアドセンス
サイト経営者には不可欠な収入源である。

管理者は、当然アクセスアップ収入アップの両方を目指す事になるが
自動広告を取り入れた結果、アクセス&収入の
両方が落ちる例もある事をここに報告したい。

スポンサーリンク

自動広告はサイトにより効果が変化する

結論から言えば、自動広告が有効である場合不利である場合があり
どちらか一方という結論は出せない。

これは自身の経験であるが、
所有サイトの全てを自動広告に設定したことがある。

この結果、
自動広告で収益が向上したサイトもあれば
反対に収益が低下し、オマケにアクセス数が1日5000人も減った事があった。
1日の来客が5000人減るという事は大打撃である。

本当に見やすいのか?

自らのサイトに自動広告を設定し確認をすると
広告が邪魔かな・・・”と感じたことは無いだろうか?
自身が少しでも感じるのなら、他人はもっと迷惑に感じているはずである。

PC表示であれば、サイト名の下に大きな広告が出て
ブログの表示スピードも遅くなる。

スマホ表示の場合には、上部に広告が出て
記事を読む前に大きな広告が出るのでスクロールする必要がある。
また、記事タイトルを押した後に全面広告が出る場合があり
右上の×を押さなければ進めない。

これは自身のサイトを巡回してくれるという
滞在率に影響し、サイトによっては悪影響になる。

特に、感想や日記などの他人も書いている内容であれば
すぐに離脱して他のサイトを探しに行ってしまうだろう。

反対に、このサイトでしか解決できない内容が書かれているのならば
広告を待ってまでも”絶対に読みたい”はずである。
例えば、自身のサイトが表示されない、ログインできないなどの
”是が非でも解決を望む”記事を探している場合には
どんな壁があろうと答えを見るまでは引き返さない。

の部分は訪問者
い部分は、同一人物がサイトを巡回した表示

中盤辺りで自動広告に変更したが、
サイト表示が遅れるためにアクセス低下広告が邪魔で巡回せずに離脱
以上のダブルパンチを喰らってしまうのである。

傾向と対策

自動広告を推奨するサイト
・独自の解決法や貴重な回答が書いてある自信のある内容
・自動広告にしてもサイト表示スピードが遅くならない
自動広告を自粛した方が良いサイト
(広告を抑える事で→逆に収益+アクセスアップに有効)
・広告を増やすと明らかに重くなる
・出来るだけサイトを巡回してもらいたい
・自動広告にすると広告欠如する(空白)症状がある
・収入よりもまずはアクセスが欲しい



スポンサーリンク

シェアする

フォローする