右クリックが重い!メニューが開くまで時間がかかる場合の対処法

普段はスムーズに出来ていた作業が、
ある日突然不具合が出る場合がある。

PCを操作していれば、コピペ等で頻繁に使用する”右クリック”であるが
ある日突然、重くなりなかなか開かない現象が起こる場合がある。

当然、重くなる原因はいくつか存在するが
単純に多くの画像や文字が書かれているページを操作する場合には
スペックが低いマシンであれば、反応は鈍くなる。

しかしながら、”今までは普通に操作できていた”のならば
PCのクリーニングをしてみるのも一考だ。

自身の場合も以下の方法で解決したので
是非試してもらいたい。

スポンサーリンク

「CCleaner」定番のシステムクリーナーソフト

CCleaner(システムクリーナーソフト)は
レジストリを弄ることなく、安全にPC内のゴミを掃除してくれる優れものである。

スペックの高いマシンであれば
このようなソフトを使わずとも軽快に動かすことが出来るが
5年10年と長きに渡り使用しているPCとなると、
メンテナンスをしながら運用する必要がある。

「CCleaner」はパソコン内の不要なデータを手軽に削除できるソフトで
不要な各種Webブラウザーの一時ファイル・クッキー・拡張機能などを管理・削除できる。便利なソフトである。

基本的には無料に使えるが、個人の場合には
間違えてプロ版を購入しないように注意する事が必要だ。
(個人で自宅利用する場合には無料)

重要:再起動

ソフトでクリーニングをした直後は元に戻らないが、
最終的にはPCを再起動させることが必要になる。

キャッシュだけではなく、
マルウェアが邪魔をしているかもしれないPC。
クリーニングソフトを2種ほど所持し、
定期的にクリーニングする事がオススメだ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。