店舗の充電は危険?USBから個人情報が盗まれる可能性

充電したらメールアドレスが盗まれた
画像や住所録が盗まれた!

現代においては
レストランや喫茶店、パチンコ屋等での
充電が当たり前にできる時代になった。

スマホが浸透している日本であるが
以前から、USBからの個人情報漏洩が一部で問題になっていた。

新聞誌でも取り扱った事があり
充電時に情報が盗まれた被害は実際に存在する。

スポンサーリンク

充電の仕組みと漏洩

自身のPCからスマホを充電した事はないだろうか?

USBをスマホに繋ぐ事で簡単に充電ができるが、
実はPCを操作すると、スマホの内部を見る事が出来るのである。


※充電時にファイル内への操作が可能になる事実

例えば、画像や動画などにアクセスしてみると
簡単にファイル内部を覗くことができる。

これを考えると、野外で充電した際に
充電元にPCが接続されていれば、
あなたの情報は筒抜けになる事は容易に想像できる。

実際、知人がアドレスを新しく作成したにも関わらず
パチンコ屋でスマホを充電してから一気に迷惑メールが増えた事実がある。
充電は100%安全とは言えないだろう。

充電から個人情報漏洩を疑う人々の声

申し訳ないけど、個人情報の塊を
コンセント以外で充電しようとは思わない。
知らない所でUSBぶっ刺すとか絶対嫌だ。
知らぬが仏の情弱はどんどん吸われてどうぞ。

飲食店とかにある充電用USB端子に軽々しくスマホを繋ぐと、
ハッキングされて個人情報を全部ぶっこ抜かれるのではとか思ってしまう。

信頼できるかだろうけど、
パチンコ屋の充電だけは信用できないな。

free Wi-Fi 使ってる人多いよね。
危険性も知ってるよね。。
使えば個人情報盗まれる事があることも知ってるよね。
公共の場でUSB充電するのも知ってるよね。

私は用心深い。座席にUSBポートが
付いてる高速バスに初めて乗ったけど、
iPhoneを繋いで充電すると個人情報が
マザーコンピュータに吸い取られてしまうのでは?
と思うと恐怖の妄想をしてしまう。

十分な危機管理を

多くの充電器が安全であるが、
簡単な設備で情報を吸い取る事が可能なだけに
悪意があれば簡単に奪われてしまう。

また、充電時の対処法としては
スマホの電源をオフにする事で情報漏洩を防ぐことができると言われている。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする