【コードしかない】シーリングライトを自力で取り付ける方法【差し方】

シーリングライトと言えば、ご存知の通りLEDを使った照明器具である。

下記のような配線器具が天井に取り付けられていれば
誰でも差し込むだけですぐに使える便利さがある。

角型引掛シーリング、丸型引掛シーリング、
埋込引掛ローゼット、フル引掛ローゼット、丸型フル引掛シーリング
スポンサーリンク

取付口が無い?
コードから取り付けるには?

ただ、問題なのは以下のような配線の場合だ。
廊下や脱衣所などは、このようになっている場合がある。
照明器具裏の鉄板を剥がすと、天井から太いコードが出ているタイプだ。
今回は、このようなタイプに取り付けてみたい。
コードのみからのシーリングライト設置を実践してみる。

シーリングライトの取り付け方

まず、シーリングライトを取り付ける前に
コードに側に”シーリングボディー”という
ライトをドッキングさせるための引掛け取り付ける必要がある。

※シーリングボティを購入する

注意点はここだけ

まずは太いコードだけ残し、
古い照明器具を取り外す。
(コードを切ってもOK!)

灰色の線の中には、ニッパー等でめくればの配線が見えてくるので、
それぞれ先っちょをめくり金色の接触部分をむき出しにしよう。
その剥き出しになった金色部分を差し込む事になるが
白い線をNと書かれた穴に差し込めばOKだ。
差し込んだ後は、付属のネジで
お好みの場所(天井)に閉め上げれば完了だ。
あとは、そのままシーリングライトを差し込めば取付が完了する。
※POINT※
配線のみからのシーリングライトの取り付け方
・コードだけ残して切る
・コードから白黒の配線を出す
・シーリングボディーの取り付け
差し込み口が無いと難しいと感じてしまうが
実は、想像以上に簡単な作業で取り付けられる。
シーリングライトと同時に、シーリングボディを買う事を忘れないようにしたい。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする