【Chrome】このウェブページの表示中に問題が発生しました。改善方法

動画を見ていると止まる
エラーが出て×が目の顔が表示される
エラーコード:STATUS_ACCESS_VIOLATION

エラー
このウェブページの表示中に問題が発生しました。
エラーコード:STATUS_ACCESS_VIOLATION
詳細

このウェブページの表示中に問題が発生しました。
と表示されたり、灰色の状態で顔が表示される場合がある。

エラー例1

エラー例2

攻略の手順として、解消法は数種存在するため順に試してほしい。

スポンサーリンク

1.ページを更新する

ページを再度読み込む一時凌ぎの方法がある。
通常、ページを再読み込みするとエラーは表示されなくなる。

ブラウザ左上の再読み込みをクリックし更新する。

2.インターネット接続を確認する

他のページが見れるか確認をする。
他のサイトが見れなければ、
インターネット自体の接続が切れている可能性がある。

※パソコンがWi-Fi または有線ネットワークに接続されていることを確認。
確認後、エラーが発生したタブの再読み込みを試す。

3.キャッシュを削除する

Chromeには様々な情報が蓄積されているために
ページが読み込まれないことがある。
その場合、ブラウザ右上の3点リーダーから
余計なキャッシュ削除を試したい。

Chromeを開く

3点リーダークリック


その他のツール

閲覧履歴を消去をクリック

全期間を選択し、キャッシュされた画像とファイル
と Cookie と他のサイトデータのチェックボックスをオンにし
それ以外のデータの種類はオフにしする。

データを消去をクリックする。

※最後にエラーが発生したタブの再読み込みを試す。

4.拡張機能の可能性

アプリや拡張機能などプログラムを
多数実行している状態でサイトを開こうとすると、
メモリ不足でサイトを読み込めないことがある。

Chromeを開く

3点リーダークリック

その他のツール

拡張機能をクリック

一覧を見て使用していない拡張機能の横にある削除をクリックする。

※削除後にエラーが発生したタブの再読み込みを試す。

5.ウインドウズ更新の弊害

単純に更新が原因

ウインドウズ10を更新した後に、
様々な不具合が生じる事がある。

私の場合、更新前に戻す事で改善する事が出来た。

・マウスがガクガク動くようになった
・マウスポインタが二重になるボヤける
・コピペをすると画面が揺れる
・動画を再生するとエラーが出る

特に最近の更新はエラー報告が多く
単純に、更新しない又は更新ファイルを消す事で対応している方も少なくない。

2021年1月の更新では多くの不満が漏れていた

サクッと更新前に戻す方法



スポンサーリンク

シェアする

フォローする