【有楽町】昭和のラーメンが懐かしい谷ラーメン【高架下】

有楽町駅、高架下には渋い飲食店が残っている。

第四有楽町高架橋下には、
東京谷ラーメンがこっそりと営業中だ。

カウンター6席、座敷2テーブルの広くない店内だが
”懐かしい味”を求める年配客が、ひっきりなしに訪れる。

今回は、中休み前の時間のため
ラッキーにも座席を確保することが出来た。

一瞬、メニューが多く思えるが、
トッピングの違いのため、メインメニューは
ラーメン、チャーハン、餃子とシンプルである。

現在はコロナ禍の為、座席には仕切りが設けられている。

買った食券を、カウンター上部に置けば
美人の奥さんがチェックしてくれる。

和やかな雰囲気

このようないくらでも客が来そうな場所では
店員は横柄になりがちであるが、実際はとても優しく
非常に良い雰囲気で食べる事が出来るのだ。

スポンサーリンク

美しい・・・
タイムスリップ

チャーシュー麺840円

ラーメンは、およそ6分程で提供される。
麺は多少太めで茹で時間は長いものの、固めで提供される。

一見、チャーシューは4枚と寂しく思われるかもしれないが
1枚1枚が厚く、濃厚な味付けになっているので満足度が高い。

また、モモ肉系なので、
パサパサ系には嬉しい赤身チャーシューだ。

これぞ懐かしい昭和味

これぞ懐かしい味だ・・・

今は亡き、西北亭早稲田軒、移転したミルクホールのような
というシンプルな味は共通点がある。

当時、こんなに美味いものを
「遅れている」なんて通ぶっていた若い頃もあったが
年取った今は”懐かし美味い”と感じる。

今は、豚骨醤油の家系や煮干し系・・・
様々な味が存在するが、そのスタートはこの味だったと考えると感慨深い。

シンプルなのでもう一杯食いたくなるが我慢だ。
また来よう!

みんなの感想クチコミ

有楽町ガード下で昭和の雰囲気
食券を購入してから暖簾をくぐる
一見にも優しい♪

有楽町高架下で創業昭和42年の
ラーメン界のシーラカンスのようなお店
カウンター6席と4人掛け座卓と
二人掛け座卓の小さなお店
ご主人御一人で運営されています。

味は、昔懐かし、良き味
特にラーメンのチャーシューは懐かしい
そう昔、チャーシューはこうだった!
と原点を思い出させてくれる

故郷の田舎で好きだったラーメン屋さん
(今はもうない)に味が良く似ていて、
何かとても肩の力が抜けた。

鶏ガラではなく豚ガラオンリーらしい
移転しても素晴らしい味は継続中ですぞ!

ワンタン麺+半チャーハン
昔ながらが好きな私には凄い程よい味
炒飯と言うより焼飯の程よい塩気と焦げ感
口の中へラーメンスープを追いかけて
合わせて食べるのに丁度よかった。
麺も少し固めでワンタンも具小さい感が
懐かしくて好き。

アクセス

谷ラーメン
住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目7−11
営業時間:
平日 11時00分~14時00分(中休み)17時00分~20時30分
定休日:土日祝
動画:7分41秒に登場



スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    谷やんラーメンは消えて
    こっちは残っている