プライバシーポリシー統合のご案内は大丈夫なの?個人情報はどこまで収集されるの?ヤフーLINE

Q.久しぶりにYAHOO!を開いたら
規約の更新がありました。
そういえば、LINEと組んだことを忘れていました。
LINEと言えばいろいろと漏洩が心配ですが
この規約は長すぎて読むのに苦労します。
我々の個人情報は大丈夫でしょうか?
要約すると何が書いてあるのですか?
取られる情報は何ですか?
小学生にも分かりやすく教えてください。

Q.スマホが出来た頃は規約も優しいものでしたが
最近はどの会社も規約に”情報収集すると書き
いわば、合法に個人情報を集めるようになりましたよね。

以前驚いたのが、
LINEクロネコヤマトが業務提携した時です。
私は何も許可していないのに、
いきなり公式のクロネコヤマトが
(私を特定して)LINEを送ってきました。
これはLINEが電話番号をクロネコに勝手に教えたからです。
この時はショックでしたし、
LINEと提携している会社には
個人情報を与えるのが普通の時代に驚いています。
しかもこれはLINEに限らず、
いま世界は個人情報収取合戦になっていて
嫌な時代と感じています。

そこで、今回のプライバシーの更新には
どんな情報が書かれているのですか?
簡単に教えてください。
Q.委託する会社が多いほど&提携する会社が多いほど、
個人情報漏洩リスクは大きくなりますよね?
最近は、ほぼ情報を晒している状態になんか納得ができません。
Q.なんか個人情報収取ばかりで
最近は腹が立って仕方がないです。
Tカードだって、初期は書面で入会したので
もう住所が消せないし登録されっぱなしで恐ろしいです。
今回のヤフー&LINEは何が取られるのですか?

A.LINEとヤフーは2023年10月1日に一つの会社に統合し
LINEヤフー株式会社になりました。

LINEヤフープライバシーポリシーの内容は
一定期間同意を保留することができますが、
一定期間を経過すると統合後のLINEヤフープライバシーポリシー
への同意が必要となるため、同意を保留できなくなります。

プライバシーポリシーは長いですが、
主に収集する情報についてピックアップしてみました。

スポンサーリンク

【収集する情報】

LINEヤフー株式会社が提供する製品、
アプリ、サービス、ウェブサイトなどのすべてのサービス
を提供するにあたり、個人に関する情報を取得します。

当社は、お客様が端末を操作してご入力したり、
書面等の媒体を通じるなどして、お客様から当社へ
パーソナルデータをご提供いただく場合があります。
これらのパーソナルデータには、以下のようなものが含まれます。

・電話番号
・メールアドレス
・アンケートにご協力いただく場合の回答内容
・本人確認のためにご送付いただく本人確認書類
・お客様のプロフィール情報(アイコン画像、表示名、
ステータスメッセージ、検索用IDなどを含みます。)。
・プロフィール情報(お客様が非公開設定をされているものを除きます。)
・端末のアドレス帳

位置情報

たとえば、LINEを利用する際、
お客様が投稿したコンテンツや、メッセージのテキスト、
画像、動画、音声などは、当社のサーバーを経由して送信されます。
この際、コンテンツの投稿相手、データ形式、投稿日時など、
お客様が相手との間で、どのように交流しているかに
ついての外形的な情報もサーバーに記録されます。
その他、お客様がサービス上でタップ・クリックした
URL情報もサーバー上に記録されます。

お客様が位置情報の送信を許可されていない場合でも
IPアドレスなどの情報を利用して、
お客様のおおよその位置を推定することがあります。

第三者と情報共有

第三者から取得するパーソナルデータの具体例
当社は、パートナーを含む第三者から
パーソナルデータを取得することがあります。

LINEログインなどの当社サービスと連携した
サービスを運営するパートナーから取得する場合があります。
(ヤマト運輸に電話番号を与え個人を特定できた理由)

広告の効果測定、統計情報の作成・提供など、
メールアドレス電話番号IPアドレス機器情報の一部(OSなど)
属性情報ならびに購買履歴視聴履歴検索履歴および
位置情報を含むお客様に関する行動履歴などの情報を取得することがあります。

業務委託

当社は、当社サービスの提供に必要な一部の業務を、
第三者に業務委託する場合があります。
日本、アメリカ、韓国、アイルランド、カナダ、
フィリピン、オーストラリア、ベトナム、タイ、台湾、インドネシア

グループ会社間の共同利用
記載されたパーソナルデータを以下の国または
地域に所在する企業を含むグループ会社間で共同利用しております。
日本、台湾、タイ、インドネシア、韓国、シンガポール

パーソナルデータの保管場所
日本のお客様のパーソナルデータを日本
アメリカおよび韓国のデータセンターで保管しています。

確かに、委託する会社が多いほど&提携する会社が多いほど、
個人情報漏洩リスクは大きくなります。

最近の我々は、ほぼ情報を晒している状態ですが
最低限の防御をする必要があります。

例えば、Googleアドセンスから広告費を得ているのであれば
むやみにGoogleアカウントで他社と”連携”するのはリスクが生じますし
当然、アカウントは”2重ロック”が必須になります。

名前や電話番号、位置情報が
収集されるのは当たり前の時代ですが
大事なメインアカウント銀行口座クレジットカード番号等
あなたの財産には届かない対策が必要となります。

今後、マイナンバーカードが普及すれば
様々な被害も増加すると予測できます。

※ネット上でアクション(登録等)を起こす時には、
規約を読み、一定時間リスクを考える時間を持つことをお勧めします。



スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    LINEヤフーからプライバシーポリシーを変える旨メールが来たが個人情報をゴッソリ取得するとしか解せない内容に戦慄

  2. 匿名 より:

    変態画像も保存されてしまう
    秘密なんてない時代や

  3. 匿名 より:

    どうにもYahoo!を信頼しきれなくて

  4. 匿名 より:

    海外に預けるのほんとヤダ

  5. 匿名 より:

    最近良く見る「LINEとYahoo!JAPANのプライバシーポリシー統合」確認

  6. 匿名 より:

    個人情報流出問題でLINEヤフーに2度目の行政指導 対策不十分と判断

  7. 匿名 より:

    怪しいものは使わないシンプルにそれだけ
    情報を抜かれる事がわかってるんだから
    バカだけ使えばいい
    まだTカード登録したままで使ってるやつはバカでしょ

  8. 匿名 より:

    プライバシーポリシーに関するメールが届いたが、個人情報の適切な取り扱いというならまずLINE及びその他朝鮮中華と手を切ろうか

  9. 匿名 より:

    こんな状況なのに、いまだにポリシー統合の同意確認をしてくる。どういう神経してるの。
    LINEヤフーに2度目の行政指導

  10. 匿名 より:

    断れなくなるのか
    ヤフーウォレットは前に切ったなそういえば

  11. 匿名 より:

    海外なんて日本の常識が通用しない
    財布も携帯も盗む国ばかりだよ?
    そんなところにデータ預けるの怖くね?
    日本で保存してほしい