【北海道】ジンギスカンの羊肉 99%は輸入ってホントですか?国産1%

Q.今日テレビを見ていたら、
羊肉の99%は輸入と聞きました。
てっきり北海道で育てているのかと思いました。
Q.羊肉の99%は輸入と通販番組の
ジャパネットで言っていました。
調べてみると殆どがオーストラリアからだそうです。
てっきり北海道産だと思っていただけに
なんだか寂しいです。
スポンサーリンク

AIに聞いてみた

Q.ジンギスカン(羊肉)の99%は
輸入というのは本当ですか?

A.はい、ホントです。
日本で食べられる羊肉の99%は、
ニュージーランドやオーストラリアなど
海外からの輸入肉です。

その輸入価格は、近年高騰しており、
ジンギスカンの値上げにも影響しています。

高騰の原因としては、
円安や燃料高によるコスト増のほか、
世界的な需要高が挙げられます。

特に、中国の大量買い付けが市場を圧迫しています。
中国では、羊肉は庶民の味として人気があり、
経済成長や食品偽装問題などで輸入量が増加しています。

Q.北海道で食べられる羊肉は
どこ産ですか?

A.北海道で食べられる羊肉は、
ほとんどがオーストラリアやニュージーランド
など海外からの輸入肉です。

国内で飼育されている羊は、全国で約1万6千頭、
道内では約8千頭(2013年度)に過ぎません。
道内有数の羊の産地としては、士別市滝川市が挙げられます。

士別市では食肉用の羊を中心におよそ1,200頭が飼育されており、
冬から春にかけて出産シーズンを迎えます。
滝川市では、ジンギスカン専門店「松尾ジンギスカン」
が自社の牧場で滝川産の羊を飼育しています。

Q.北海道の生産量はどのくらいですか?
日本では北海道以外も育てていますか?

A.日本の羊肉の生産量は、とても少なく、
消費される羊肉のほとんどは海外からの輸入に頼っています。

2013年度の統計によると、
日本で飼育されている羊は約1万6千頭で、
そのうち道内では約8千頭です。
国内で生産された羊肉の量は約49トンと推測されます。

これは、日本で消費される羊肉の約0.5%に相当します。
北海道以外でも羊を飼育している地域はありますが、
その数は少なく、主な産地は山形県長野県などです。

Q.国産羊肉の味はどうですか?
輸入と大差ありませんか?

A.国産羊肉と輸入羊肉の違いは、
主に飼育環境や品種、加工方法によって決まります。

国産羊肉は主に北海道で飼育されており、
品種はコリデール種やサフォーク種などが多いです。
輸入羊肉はオーストラリアではメリノ種やドーサー種、
ニュージーランドではロムニー種やペレンデール種などが主流です。

国産羊肉は輸入羊肉に比べて、
臭みが少なく、赤身が多く、柔らかく、
ジューシーな味わいが特徴です。

輸入羊肉は国産羊肉よりも臭みが強く、
脂が多く、硬く、コクがある味わいが特徴です。

また、国産羊肉は冷凍されることなく
生鮮で流通していることが多いのに対し、
輸入羊肉は冷凍されてから日本に運ばれることがほとんどです。
冷凍することで鮮度や風味が低下する可能性があります。

したがって、国産羊肉と輸入羊肉では
味や食感に大きな差があります。
どちらが好みかは個人の好みによりますが、
一般的には国産羊肉の方が高級で希少なものとされています。

知らなかった!ジンギスカンのあの匂いが美味かった



スポンサーリンク

フォローする