身長を伸ばすための成長ホルモン注射は有効か?リスクはないの?副作用は?

Q.現代は、身長を伸ばすためのホルモン注射があるそうで、
親戚の子は毎日自分で打っているそうで驚きました。
これはリスクは無いのですか?
まだ中1なのに
焦って注射を打つ意味はありますか?
私は昭和世代なのでびっくりなのですが
令和では普通なのですか?
リスクはないのですか?
見た目のために短命になったら無意味だと思うのですが?
Q.最近、ネット広告で
身長を伸ばすという広告があります。
成長ホルモンを注射してリスクは無いのですか?
病院に相談したからって
先生本人は打ったことないですし
所詮は他人事だし完ぺきではないし信用できません。

AI.成長ホルモン注射は、
低身長の治療に使用されるもので、
成長期において身長を伸ばす効果があるとされています。

しかし、注射を行う際にはいくつかのリスクが伴います。
例えば、注射部位の痛みや腫れ発熱頭痛などの副作用があります。
また、糖尿病高血圧脳腫瘍などのリスクも指摘されています。

成長ホルモン治療は、
体質によっては頭痛、痙攣、
※耐糖能異常等副作用が生じることがあります。
これらの副作用があらわれた場合は、すぐに医師に相談することが重要です。

また、成長ホルモン治療は
50年以上前から行われている治療法であり、
安全性が高いとされていますが、治療を行う際には一定の注意点があります。

特に、成長ホルモン治療が禁止されている病気や
慎重に投与する必要な病気を持つ人々には注意が必要です。

昭和世代では、
このような治療は一般的ではなかったかもしれませんが、
現代では低身長の子どもたちにとって有益な治療法として広く利用されています。

ただし、医師の指示に従って行うことが大切です。
リスクを避けるためにも、適切な医師の診断と
監督のもとで治療を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク

Q.耐糖能異常等の
副作用とはどのような症状ですか?

A.耐糖能異常には、
空腹時の血糖値が正常値よりも高い傾向にあり、
食後の血糖値が目立って高くなる状態があります。

これは、体内で血糖値を下げるホルモン
「インスリン」の分泌が正常値と比べて少ない場合や、
インスリンがうまく機能しなくなり血中に糖の量が増える場合に起こります。

耐糖能異常の症状には以下のようなものがあります。

– 尿量が増える
– のどの渇きがある
– 食べてもお腹が空く感じがする
– 倦怠感や疲れやすさを感じる
– 尿にタンパクが出る
– むくみが出る

耐糖能異常は「糖尿病予備軍」とも呼ばれ、
「境界型糖尿病」とも言われ、
進行すると糖尿病につながる可能性があります。

そのため、診断された場合は
血糖値の変動を正常値の範囲内で保つことが大切です。
食事療法や運動療法、薬物療法など、
様々な方法で管理することが推奨されています。



スポンサーリンク

フォローする