フリーWiFiは危ないのか?家族に感染?正しい安全な使い方

近年、我々はWiFiを使う事が当たり前になった。
自宅ではPCからWiFiを飛ばし、出先ではフリーWiFiを使う方も増えた。

単純にWiFiを使う事は、
(スマホの)通信料節約につながる事から
外出時には”出来るだけWiFiに繋げたい”のが我々の心理である。

スポンサーリンク

WiFiを介して感染や情報抜き取り

ただ、セキュリティー面での不安もある。

自宅WiFiの場合

例えば、このような事がある。

PCがアドウェアやウイルスに感染している場合、
WiFiを介して、スマホにその影響が出てしまう場合がある。

例えば、PCにひっそりと宿っていたアドウェアが(WiFiから)スマホに移った例がある。

1台のPCから→クリーンだった家族スマホ全てに
宣伝のアイコンが増殖”という被害が実際にあった。

自宅で使う場合には、
PCのセキュリティーを高め、
アンチウイルスソフト+アドウェア対策ソフトのW対策が有効だ。

フリーWiFiの場合

フリーWiFiとなると更に注意が必要だ。

フリーWiFiとは、公共の場所(電車内、駅、バス、コンビニ、カフェなど)
で誰でも利用できる無料WiFiスポットのことである。
※公衆無線LANや無料Wi-Fiスポットと呼ばれることもある

確認せずに繋いでしまうと
盗聴やのぞき見(パスワードを盗まれる)場合がある。

フリーWiFiの付近には”盗聴”するために
無料WiFi接続ポイントのが仕掛けられている場合がある。

フリーWiFi接続ポイント名が本物そっくりであったり
無料だからと安易に繋いでしまうと→情報が盗まれてしまうのである。

被害例
・出先でネット銀行の残高をチェックしようと
打ち込んだIDとパスワードが奪われてしまった。
・出先でAmazonにログインしたら
登録してあるクレジットカードを使われてしまった。

以上の事があるゆえに、フリーWiFiにつなぐ際には
必ず鍵マーク(暗号化)が表示されているか?確認する事が必要だ。

無料WiFiを見つけたからと(鍵マーク無しのWiFi)に飛びつくのは危険

最新のWiFi機器を利用しているか?

WiFiも日々進化している。

Wi-Fiの安全性の目安としては
”暗号化のタイプ”でおおまかな判断ができる。

「WEP」と表示される暗号化さえも不十分と言われるようになり
現在では「WPA」又は「WPA2」が安全とされている。

自宅に設置されているWiFi機器の暗号化の種類を確かめてみて欲しい。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする