This stock tip is for your eyes only. The chance may never come again

外国からの迷惑メール解説

メールの件名

This stock tip is for your eyes only. The chance may never come again
というタイトルでメールが届いたら怪しい。

差出人

Deidre May <May318@berkeleyfamilymed.com>
差出人のアドレスは無数にあるので要注意。

スポンサーリンク

メールの内容

I know of a cutting edge company that has just completed the development of a new life saving medicine. A friend who works at a high position, at a secretive place told me about it.

This medicine has been proven in both lab tests, and human tests to destroy tumors in almost 50% of of instances.

For all practical purposes, I would call it a cure for one of the most deadly diseases of our times.

Being the type of person that I am, I asked myself how we can profit from this information.

The answer is very simple. Within the next week or two, QSMG will make the announcement public and once they do, their stock will go up to over 20 bucks overnight.

So the trick is to grab shares right now, while their price is still dirt cheap and while nobody knows what’s about to come.

This is how you get your big break. This is how your life will finally change. Take the leap forward.


Best Regards,
Deidre May

日本語訳

私は新しい救命医療の開発を終えた
最先端の会社を知っています。

秘密の場所で高い位置にいる友人は、
私にそれについて語った。

この薬は、ラボテストとヒトのテストの両方で、
事例のほぼ50%で腫瘍を破壊することが実証されています。

すべての実用的な目的のために、
私はそれを私たちの時代の最も致命的な病気の治療法と呼んでいます。

私がいる人のタイプであるので、
私はこの情報からどのように
利益を得ることができるのか自分に尋ねました。

答えは非常に簡単です。
次の1~2週間でQSMGは公表を公表し、
いったん発表すれば、
その株式は一晩で20ドル以上も上がるでしょう。

だからこそ、
今の株価は依然として安いが、
何が来るのか誰も分からないうちに、
株式を手に入れることだ。

これは、あなたが大きな休憩を取る方法です。
これがあなたの人生が最終的に変わる方法です。
飛躍を進める。


宜しくお願いします、
デイドルメイ

結果

人間の最大の相手、悪性腫瘍を50%
壊滅する技術を持つ会社を知っていると伝えてくる。
以前は40%と勧誘してきたが、今回は50%と数値を変えてきた。

まったくデタラメの情報に
株投資を勧めるメール。
日本に送ってきても誰も信用して貰えないだろう。

Human’s biggest opponent, 50% malignant tumor
I will inform you that I know a company with technology to be destroyed.
Previously I solicited 40%, but this time I changed the number as 50%.

To the information of detalamation at all
E – mail recommending stock investment.
Even if I send it to Japan, no one can



スポンサーリンク

シェアする

フォローする