Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【Google】グーグルのクチコミを消された理由 低評価削除

グーグルでショップやイベント等を検索すると
その評価を簡単に見る事が出来るようになった。

クチコミは我々にとって、
訪れる前の大きな判断材料となり
今のネット時代には欠かせない存在になっている。

低評価の文章が消されている現象

中でも気になるのが低評価について。
なぜか、星が1つの評価の場合には
コメントが無く、星の評価だけになっている場合がある。


これは非常に闇を感じる部分だ。

!コメントが削除されている可能性!

お店側にとっては高評価のコメントはありがたいが、
反対に低評価のコメントは嬉しいものではない。

お店側、イベント側が消しているのか?

実は、お店側に低評価削除の権限はなく、
第三者としての意見で削除要請を出す事が出来る。
(店側の人間が第三者として送信すれば良い)

グーグル側の削除基準は4つあるので
順番に紹介する。

1.スパム自動判別

スパムの自動検出システムを使い
スパムの疑いのあるクチコミを削除しているとの説明がある。

2.ポリシー違反検出

グーグルは虚偽のクチコミを容認せず
虚偽と判断した場合には削除される。

3.ポリシー違反検出

グーグルが提示している、クチコミポリシーに
違反している場合には速やかに削除される。

4.第三者による通報

多のユーザーから不正確であるとの通報
により、グーグル側が判断し削除する。
(口コミ削除リクエスト)

低評価コメントにも幅があり、
できるだけお店に配慮してコメントする人もいれば
店員の名前を出して度が過ぎた表現をする人も存在する。

中でも、中傷的な表現の使用、個人攻撃、
実名を挙げるなど、度の過ぎたものは削除される事になる。
クチコミに従業員の名前を出すのはさすがにやりすぎだろう。

その削除基準は厳しく、
報告すれば消される割合が高い。
ただ、これは悪い口コミに便乗し悪ノリをする
ユーザーを防止する事にも役立っている。

スポンサーリンク

日本がアメリカ化へ

最近の日本は、何かあると
すぐにクレームや訴えを起こすアメリカ型に近づいてきている。
学校ではモンスターペアレントが増え、
芸能界ではちょっとした発言が
拡散され大問題になったりと、
少しの事で大きな騒ぎになるようになった。

また、これに対して弁護士の仕事も増えた。
「掲示板の書き込みを消します」
「悪いクチコミを消します」
というクレームされた側を助ける
悪いクチコミを消す”仕事も増えてきている。

ブログ記事を消される現象が起こっている

ほんの5年程前は、個人ブログでは
好きな事を書いてもなんら問題が無かった時代だが、

最近は、個人ブログで悪口を書くと、
弁護士を通して”削除要請”の脅かし
送られてくる事も珍しく無くなった。

例えば、悪徳業者から迷惑電話が続くので
ブログに「この電話番号は詐欺なので気を付けてください!」

と注意喚起を促した場合、
悪徳業者からの”削除要請”が(弁護士を通して)送られて来る場合がある。
こうなると、明らかに相手が悪いのに
正しい方が削除しなければならない矛盾が生じてしまうのである。

結局はネットも人間が関わっているわけで
リアルな日本社会と同様に、大きな力には逆らえないようになっている。


このようなクチコミ削除に
異論を唱える人も当然ながら存在する。

口コミを消すのもいいけどさ、
勝手に客も写して顔晒されてる被害者は多いのよ。
あれマジ可哀想だよ。写真の肖像権について
もっと厳しくしてほしいぞ!
Googleさーん
1200件書いた口コミが、今見たら0になってた
バグだと良いけど
スパムと間違われて消された可能性もありそう
頑張って口コミ書いたんだけどなー
Googleマップの口コミの方に、ホテルに
都合の悪いこと書いたら消されたって書き込みがあったんで、
とてもこまめに消してるんじゃないかなー。
単なる荒らしは消される事は当然だが、
参考になるために正直な感想は消さないでほしい。

星は残る?

ただ、コメントは消されるが、
評価の★の数は残る場合が多いようなので
(”コメントは消された”と判断して)
各自で、総合的に口コミの判断をする事が必要だろう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする