Google+のコミュニティに投稿しても反映されない理由

Google+のコミュニティに
投稿しても反映(表示)されない事が多々ある。

反映されない理由は
管理人がスパム判定をしているからです。


このように管理人は掲載前にチェックができます。


管理人ページからは”スパム項目が目に入りやすい”ために
自然とスパムに振り分ける機会が増える。

例えば、リンク付きの投稿をしてしまうと
コミュニティの管理人が
「宣伝は許可しない」とスパム報告し
今後そのサークルへの投稿は表示されなくなる。

中には、グーグルで止められているからと
知らないふりをする管理人が多いが
一度スパム扱いをされた人は
そのサークルに投稿するのが無駄になる。
こんなサークルは直ちに退会した方がよい。

有益な情報はリンク付きでもなんら問題ないと考えるが
管理人の立場からは”宣伝”に見える投稿が敵に見えるのだろう。
世の中は今だに、ネット収入がある人は批判される傾向にある

スポンサーリンク

連続投稿に注意

既にスパム扱いされているコミュニティに
いくら投稿しても管理人の目に触れず相手にされない。

様々な管理人からスパム判定をされれば
Google+からもスパム判定されてしまい
ホームページ検索にも悪影響になりかねない。

基本的に歓迎されない

リンク付きをなんとも思わず開放してくれる方もいるが
多くのコミュニティがリンクつき投稿スパムとして扱っているのが現状だ。

次元の合わない方とは
いつまでも折り合いがつかないので
むやみな投稿するよりも、
更新や宣伝を歓迎してくれるコミュ二ティに入る事がおすすめ。

こちらのコミュ二ティでは、
更新情報も宣伝をしても構わない。
法に触れるサイトでなければ大歓迎で公開してくれる。

似た者同士でアクセスし合い、
その中で自然と一般の方が拡散する流れが間違いなく長続きできる。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『Google+のコミュニティに投稿しても反映されない理由』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2017/08/12(土) 13:17:50 ID:6e517e813 返信

    これマジ?