Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大変申し訳ございませんが、次のページへ進めません。(楽天アフィリエイトのエラー)

楽天アフィリエイトのタグが
貼り付けられない不具合(ログインできない)が出る場合がある。

JavaScriptが有効になっているにも関わらず
以下のエラーが出る場合には、
・楽天側から広告の制限をされている
・楽天側の不具合
のどちらかの可能性がある。

スポンサーリンク

エラー内容

大変申し訳ございませんが、次のページへ進めません。
お手数ですが、以下のいずれかをお試しください。
前のページに戻って再度やり直してください。
URL(ページアドレス)の指定など、正しい操作を行ってください。
JavaScriptが有効になっているか、ブラウザの設定をご確認ください。
しばらくお時間をおいてから、再度やり直してください。

ブログ管理者は何も悪い事をしていないつもりでも
楽天アフィリエイト側は細かい部分には敏感だ。
楽天に限らず、アマゾンなども同様に非常に厳しい。

規制される例

・少しアダルト色のある記事に貼り付けた
・悪い口コミを載せている記事に貼り付けた
・楽天トラベルのイメージを損なうサイト
(コピペを多用しているサイト)
・タグの改変をした
著作権違反(芸能人の写真使用)重要

解決法1

タグが使え無い場合は、
楽天側の不具合の事が実際にあった。
(2017.7.11頃から不具合確認)

お問い合わせに対しての回答は以下のようになります。
———————
日頃、楽天アフィリエイトをご利用いただきましてありがとうございます。
楽天アフィリエイトのお客様担当でございます。

お問い合わせいただいた件につきまして、弊社でも同事象を確認しており
現在修正に向けて対応中でございます。修正完了日は現在未定となっております。

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、復旧まで今しばらく
お待ちいただきますようお願いいたします。

今後とも楽天アフィリエイトをどうぞよろしくお願いいたします。
——————–
この場合は、自分が違反したわけではないので心配することはない。

※2017.7.12前後のエラーは
楽天側の不具合の可能性が高い!

:7/25追記:
楽天から不具合の報告を発表
現在の所、困難を極めているらしく
復旧日は未定とされている。

解決法2

楽天から厳しい処置をされる場合には
いきなりログインできない状態(ID剥奪)にされてしまう場合がある。
特に著作権等のクレームがサイト管理者ではなく
楽天に問い合わせが行くとIDが凍結される恐れがある。
(著作権に対して楽天から警告メールが来る)

また、ログインはできるがタグが表示されない場合には
理由を問い合わせ、サイトを修正する必要性が出てくる。

多くは自分がなぜ規制されるのか?疑問だと思うが、
素直に申し出て、原因を聞くことが一番の解決に繋がる。
IDを剥奪された場合には厳しいが、
タグが表示されないだけならば原因を知り
素直に改善すれば解除してくれるだろう。

最近のアフィリエイトやクリック広告は
(悪さをする人が増えたため)非常に厳しくなった。
簡単なコピペや雑な記事では
簡単にペナルティーを受けてしまう時代だ。
利益が増えればチェックも増す。

手抜きをすればばれてしまうため、
楽天やアマゾンのタグを貼る際には、
雑に取り扱わないように、オリジナリティ溢れる記事を作るべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする