【コメント欄】ブランドコピーの宣伝が書き込まれた場合の対処法 報復

ブログを運営しコメント欄を開放していると
いずれはコメントが付くことになるが、
記事とは関係のない単なる”宣伝”が書き込まれてしまう事がある。

これは、サイト作りの参考になる批判コメントよりも
全くプラスにならない書き込みである。

スポンサーリンク

ブランドコピーの宣伝が多数

記事とは無関係なコメントの殆どが
ブランドコピー商品を売るサイトの宣伝である。

★2019最高等級新しい商品大量入荷!
■在庫情報随時更新!(*^-^*)
■信用第一、良い品質、低価格は。
★歓迎光臨★送料無料(日本全国) ご注文を待ちしております
よろしくお願いいたします_(._.)_
日チェックしていたら、「あっ!」と
思うような掘り出し物に出会えるショップです。
スタッフさんの対応や梱包もバッチリ☆何より、
値段が他のショップより若干お安い点が魅力的です。
PRADA プラダ★ショルダーバッグ★カーキ×ブラック★ナイロン★
何気にサイトを見ていたら5,000円(税・送料込)
っていうバナーがありまして、たいしたものは
ないだろうとクリックしてみたら、「ヤッター!」と即お買い上げ。
新品品なので使用感はあるだろうなと思っていたら、
めちゃくちゃ綺麗で、「えっ!?どこが新品品?」
と首を傾げたくなるような逸品でした。
いつもながら、夢市場さんには驚かされてしまいます(笑)
スタッフの対応も抜群に丁寧です。
スーパーコピー 財布 中国
迅速な対応と大変丁寧な梱包をしていただきました。
スタッフさんの手書きのお手紙も添えて頂き、とても好感を持ちました。
又、ご縁がありましたら、宜しくお願いします。
ブランド通販,時計コピー

なぜか宣伝をしながらも、客の感想(捏造)を混ぜて書いている
文章がおかしくなっているのである。

客が店の宣伝をすることはない。
明らかに店側の人間が無差別に書き込みをしているのである。

書き込みを拒否する方法

このような書き込みを排除する場合は、
段階的に対応する事をお勧めする。

対応策1 NG単語登録

ワードプレスにはコメントの”ブラックリスト”を登録する事が出来る。
例えば”http“という単語をNGとして登録すれば、
URLが含まれる宣伝は人目に触れず、そのままスパムに振り分けられる事になる。

ダッシュボード

設定

ディスカッション

の順で進めばコメントブロックリストの設定箇所が現れる。

対応策2 アクセス自体を拒否

また、相手側も書き込みされない異変に気付けば
今度は、文章内にURLを入れず、名前欄に記入するようになる。

ここまでしつこくなるようであれば、
アクセス拒否IPを登録して、サイトさえも閲覧できない状態にすればよい。

登録推奨IPアドレス(ブラックリスト)
223.241.2.254
118.99.124.231
49.212.206.71
13.112.227.147
110.44.128.200
103.121.208.110
37.120.154.168
51.158.111.242
45.87.213.114

特定の相手にサイトを見せない方法(アクセス禁止設定)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする