【北センチネル島】行ってはいけない理由は?外部との接触を拒むセンチネル族が住む孤島

Q.北センチネル島がやばいと聞きましたが本当ですか?
何がやばいのですか?なぜ行ってはいけないのですか?
詳しく教えてください。
Q.北センチネル島は近づいたら攻撃されるそうですが
仲良くする事はできませんか?

A.北センチネル島は、インド洋にある未開の島です。
島に住むセンチネル族は、外部との接触を強く拒否しており、
島に近づいた人間を攻撃することがあります。

インド政府は、島民の主権を尊重し、
感染症の危険から守るために、島への立ち入りを禁止しています。

北センチネル島がやばいと言われる理由は、
以下のようなものが挙げられます。

●島民は石器時代的な生活を営んでおり、
現代文明とのギャップが大きい。
●島民は外部とのコミュニケーションが困難であり、
センチネル語を理解できる者はいない。
●島民は外部からの侵入者に対して敵対的であり、
矢や槍で攻撃することがある。
●島民は伝染症に対する免疫を持っていない可能性が高く、
外部からの感染が致命的な結果を招く恐れがある。

北センチネル島に行ってはいけない理由は、
以下のようなものが挙げられます。

●島への立ち入りはインドの法律で
禁止されており、違反すれば罰せられる。
●島への立ち入りは島民の主権や文化を
侵害することになり、倫理的に問題がある。
●島への立ち入りは島民の生命や健康を
危険にさらすことになり、人道的に問題がある。
●島への立ち入りは島民からの攻撃を
招くことになり、自分の安全を保障できない。

北センチネル島に近づいたり仲良くした人は、
過去に何度かいましたが、ほとんどが失敗に終わりました。

島民は外部との接触を強く拒否しており、
攻撃的な態度をとることが多いからです。
例えば、以下のような事例があります。

1880年にイギリス海軍の将校が島に上陸し、
6人の島民を捕らえてポートブレアに連れて行きましたが、
2人が病死し、残りの4人を島に返しました。

1974年にインドの映画制作会社が
島でドキュメンタリーを撮影しようとしましたが、
島民に矢で攻撃され監督が負傷しました。

2006年にインドの漁師2人が島に漂着しましたが、
島民に殺害され、遺体は埋められました。

2018年にアメリカ人の宣教師が島に上陸し、
キリスト教を伝えようとしましたが、島民に殺害されました。

これらの事例から、
北センチネル島に近づいたり仲良くした人は、
危険な目に遭う可能性が高いことが分かります。

インド政府は島民の主権や文化を尊重し、
感染症の危険から守るために、島への立ち入りを禁止しています。

私たちは島民の生活を尊重し、
彼らの平和を乱さないようにしましょう。



スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    免疫力無いのは盲点だった
    インフルイチコロかもしれん