【Twitter】データ共有設定の変更についてとは何なのか?個人情報が奪われるのか?

普段通りTwitterにログインすると、
以下のような表示が出る事がある。

データ共有設定の変更について
Twitterがビジネスパートナーと共有する情報を管理できる範囲が変更されました。
具体的には、モバイルアプリ広告の測定を管理する機能が削除されました。
ただし、他のサイトやアプリにおけるTwitterのマーケティング活動に
利用する目的で一部の非公開データを共有するかどうかは管理できます。
この変更は、Twitterが無料サービスとしての運用を続け
るために必要なものであり、すでに設定に反映されています。
詳細はこちら。
スポンサーリンク

個人情報が洩れるのか?

これは最近では当たり前になった、
マーケディング活動という個人情報の利用の意味であり、
”提携する会社に、あなたの一部のデータを提供する”という意味である。

しかしながら、この項目は前から各自で設定できるようになっており
OFFにする事でプライバシーは守られている。

ビジネスパートナーと共有する追加情報
Twitterが受け取った利用者の個人情報は、
サービスの改善、Twitterをより快適に活用するための
カスタマイズ、プライバシーポリシーに基づく
その他の目的のために使用されます。
非公開の個人情報がTwitterのパートナーと共有される場合もあります。

停止する方法は?

個人情報を守るには、設定から簡単に変更する事ができる。

設定(・・・)設定とプライバシーへ進み
プライバシーとセキュリティーカスタマイズとデータ
まで進めば、一番下のデータ欄に設定箇所が見つかる。

ビジネスパートナーとの追加情報の共有を許可する
Twitterでは、商品を運用および強化する手段として、
常にビジネスパートナーと情報を共有しています。
オンにすると、ビジネスの運営に役立てるため、
Twitterがそれらのパートナーと追加情報を共有できるようになります。
これには、お客様と関連性の高い他のサイトや
アプリでTwitterのマーケティング活動を実
施することが含まれます。詳しい説明

この時点で、四角の中にチェックが入っていなければ
プライバシーは守られている状態であり何もする必要はない。

チェックが入っていて気持ち悪いようであれば
チェックを外してOKだ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする